レンタルドレスショップを選び3つのポイント

自分が結婚式を挙げるとき、もしくは結婚式に参列するときなど、ドレスを着用する機会は複数回あります。ドレスの手配としては、購入以外にもレンタルという方法があります。ドレスを購入した場合、使用したあと保管場所を確保する必要や、お手入れなどの手間がどうしてもかかります。また、何着もコレクションしている場合は別ですが、そうでない場合1着を着まわすことになるでしょう。友達の結婚式など参列者が似たようなパーティーに続けて出席する際、毎回同じドレスを着るのは気が引けます。レンタルドレスを利用すれば、毎回異なるドレスを着て、おしゃれを楽しむことができます。トレンドに合わせた新作のものを着ることができるのも、レンタルドレスを利用するメリットです。

レンタルドレスのお店を選ぶポイントはいくつかありますが、まずチェックするべきなのはデザインやサイズの豊富さです。豊富なラインナップであれば、利用するシーンや自分の体型にぴったりなものを選択できます。たくさんの種類があれば、誰かと被ってしまう心配もありません。挙式用、参列用、親族用などいろいろな種類のドレスが揃っていたら、まとめてみんなで利用することもできるでしょう。

サイズに関しては、なかなか外出しにくい昨今だからこそ、リモート試着サービスを提供しているところもあります。これは、はじめにテレビ電話でお店のスタッフからサイトに掲載されている写真では分からないことを聞きいたうえでドレスを選びます。指定場所に選んだレンタルドレスが送られるので、試着してサイズが合うかどうか確認する流れです。
同じサイズ番号であったとしても、デザインによってサイズ感が変わることも多々あるため、外出することに躊躇いがある方のほかにも、遠方で店舗を訪れにくい方にお勧めです。

貸出期間についてもあらかじめ確認しておくべきです。お店から配送してもらう場合、自然災害などが発生してしまったら肝心な日に手元に届かないといったトラブルが起こる可能性があります。利用日の前々日に届くのか、前日に届くのかでは心境も違ってくるため安心して利用するためにも、規定を調べておきましょう。また、貸出日の起点日もチェックするべきポイントです。お店から発送された日が貸出1日目なのか、ドレスが自宅に届いた日が貸出1日目なのか、数え方にも注意を払っておかないと返却の際に延長料金が加算されてしまいかねないため注意が必要です。



新着情報

[2020年11月25日]  ホームページを更新しました。